【保存版】スマホの有害性と子供への使わせ方を徹底解説📱

こんにちは、ガジェット大学学長のNoaです!

先日、Xで物議を醸していた投稿を見つけました。

リプライで多く見られた意見は、ネットリテラシーを学ぶことの重要性や、子供が周りの子と同じものを持てないことの辛さについてでした。

しかし、ここではリプライではあまり触れられていなかったスマホ自体の有害性について解説してみようと思います。

目次

  1. スマホを使うことの脳への影響
  2. データ
  3. スマホの依存性
  4. 自己管理の難しさ
  5. 現実的な対処法
  6. 他国、有識者では子供のスマホ利用どうしているのか
  7. 提案
  8. まとめ

スマホを使うことの脳への影響

スマホの長時間使用は、脳にさまざまな影響を与えることが明らかになっています。

東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授率いる研究チームの研究によると、スマホの使用が増えると前頭前野の活動が抑制され、集中力や記憶力が低下する可能性があります。

また、マルチタスクが求められるアプリを多用すると、注意力が散漫になりやすいというデータもあります oai_citation:1,「スマホが脳の発達を妨げる」子ども233人への3年間追跡調査で見えた衝撃の事実 脳を守るためにできること〖スマホはどこまで脳を壊すか〗|朝日新聞出版さんぽ oai_citation:2,スマホが子どもに与える影響/データ編 東北大加齢医学研究所長・川島隆太教授に聞く(四国新聞)

データ

スマホの使用時間が学力や睡眠に与える影響についてのデータは多く存在します。

東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授率いる研究チームの調査によると、1日3時間以上スマホを使用する子供は、使用時間が1時間未満の子供に比べて成績が低いことがわかっています。

また、スマホの使用時間が長いと睡眠不足にもなりやすく、これが学力低下の一因となっています oai_citation:3,1日3時間以上のスマホ使用で、勉強も睡眠も台なしに〖スマホはどこまで脳を壊すか〗|朝日新聞出版さんぽ oai_citation:4,スマホが子どもに与える影響/データ編 東北大加齢医学研究所長・川島隆太教授に聞く(四国新聞)

また、個人的に周りの同年代の人にアンケートを取ってみたところ、56%の人がスマホ使用後に頭が働かないような感覚を覚えたことがあると回答していました。

過半数の人が実際に、体感的にもスマホ使用後に頭が働かなくなった経験があることが分かりました。

母数:34、ある:19、ない:15

スマホの依存性

スマホは強い依存性を持つデバイスです。スマホの通知音やバイブレーションが脳の報酬系を刺激し、ドーパミンが放出されることで、使用するたびに快感を得ることができます。これにより、スマホを手放すことが難しくなり、依存状態に陥ることがあります oai_citation:5,「スマホを見続ける」習慣は脳にNG? 今すぐ脳を救出し、最強脳へ育てる運動の法則 | パラサポWEB

自己管理の難しさ

自己管理が難しい理由の一つは、スマホが常に手元にあることです。

時間を決めて使用しようとしても、気づけば長時間経っていることが多いのではないでしょうか。

特に、夜遅くまでスマホを使うことは、睡眠不足を招き、翌日のパフォーマンスに悪影響を及ぼします oai_citation:6,1日3時間以上のスマホ使用で、勉強も睡眠も台なしに〖スマホはどこまで脳を壊すか〗|朝日新聞出版さんぽ

現実的な対処法

スマホの有害性を軽減するためには、以下のような対処法があります:

  1. 使用時間を制限する:アプリを使って使用時間を管理する。
  2. 休憩を取る:1時間ごとに休憩を取り、目を休める。
  3. 寝る前に使用しない:就寝1時間前にはスマホを使わない。
  4. ブルーライトカットフィルムを使用する:目の疲れを軽減するためにブルーライトカットフィルムを使用する oai_citation:7,「スマホを見続ける」習慣は脳にNG? 今すぐ脳を救出し、最強脳へ育てる運動の法則 | パラサポWEB

他国、有識者では子供のスマホ利用どうしているのか

他国では、子供のスマホ利用に対して厳しい規制が設けられている場合があります。

例えば、フランスでは小・中学校での校内のスマホ使用が法律で禁止されています(https://globe.asahi.com/article/11889236)。

また、Appleの元CEOであるスティーブ・ジョブズ氏も、子供にはスマホを持たせず、使用時間を厳しく制限していました oai_citation:8,スマホが子どもに与える影響/データ編 東北大加齢医学研究所長・川島隆太教授に聞く(四国新聞)

提案

スマホの有害性を認識し、適切な対処法を実践することで、健康的なスマホライフを送ることができます。

  1. デジタルデトックスを試みる:一定期間スマホを使わない日を作る。
  2. 家族や友人と過ごす時間を増やす:リアルなコミュニケーションを大切にする。
  3. 趣味を見つける:スマホ以外に夢中になれる趣味を見つける。

また、中学生くらいまでの子供には健康と利便性の両方を考えて、スマホではなくApple Watchなどの多機能スマートウォッチの使用をお勧めします。

実際、海外では子供にスマホを与えることの悪影響を踏まえて、スマホではなくApple Watchを買い与えることで、画面が小さいため依存性や機能を制限でき、SIMを挿すことで連絡をとることも可能になります。

さらに、今少なくともApple製品には、使用を再現できるスクリーンタイム機能など、親が子供の使用を管理できる方法が充実していて、なかなか破れないものもあるので、そういった機能も十分に活用していくこともおすすめです。

まとめ

スマホの有害性は多岐にわたりますが、意識的に対策を講じることで、その影響を最小限に抑えることが可能です。

自己管理の難しさはありますが、デジタルデトックスや使用時間の制限など取り入れて、健全なスマホライフを目指しましょう。

また、子供はまだ自己管理が難しく、大人よりも依存しやすいため、スマホではなくApple Watchなどを買い与えるなどして、親が適切な方法で必要なものを与えるようにしてみたら良いのではないでしょうか。

ガジェット大学では、これからも皆さんの生活に役立つ情報を提供していきます。

ぜひ次回もお楽しみに!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です